« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月22日 (土)

炎天下フリマ・・・・

 暑かったー  猫保護するには金が要るー  その金稼ぐためのフリマです。猫保護に使って欲しいと商品を出してくださる方々がいて、家の中フリマ品でいっぱい。それを減らずのが目的のひとつにもなっています。こんな暑い中、フリマに来る人もあまりいません。衣類、座布団、おもちゃ、バッグが少し売れました。わずかでもありがたい金額です。

 仔猫のミナちゃんの譲渡が決まりました。よかったけど、まだなれてなくて、逃げて洗濯機の中に入ってしまいました。も〜どうしよう〜

 前にも車の中の狭い隙間に入ってなかなか出なかったことがありました。今回もそれ?

 どうしよう・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

可愛い仔猫姉妹がやってきました。

 9816

 この子達はボランティアの方のお宅の前にキャリーに入れられ、手紙がつけられて置かれていました。「この子達を飼う事ができません。よろしくお願いします。」といった内容だったということです。

 置いた人は、飼えなくて、どうにもならなかったのでしょう。どこかに捨てたり、センターへ持って行かなかっただけでもよかったと思います。

 カゼを引いていましたが、一週間目薬、インターフェロン、抗生剤投与のお陰かすっかりよくなりました。2ヶ月くらいのメス。6月生まれになるので、仮にミナ(水無月)ちゃん、リナちゃんと名づけました。

 人なつっこいので、譲渡は可能です。

 また、募集をかけて飼い主さん探しをがんばらなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

つぶの仰向けポーズ

こうしてみるとメタボのイモムシですね・・・・

090815

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

チャーちゃん

 チャーちゃんはあるお店の駐車場でおなかを空かせて、お客さんに食べるものをもらっていました。やせてビョロビョロしていました。

 これを見た人が見過ごせないと私達のグループにSOSを求めてきて、保護し、私が預かりました。なつっこい子だったので、今まで生き延びてきたのでしょう。オス、現在3歳(推定)。カゼ症状があり、血液検査はFIV陽性。短い命でしょうけど、なるべく快適にと、世話しています。今では肉付きもよく、元気に飛び回って過ごしています。

 FIV陽性用隔離部屋からすぐ飛び出していくのはチャーちゃん。そしてFIV陰性の大部屋に入り込んでしまいます。同じ柄の茶トラのメメとかムウを間違ってFIV陽性部屋に入れてしまうことも。

 一度この子を欲しいという話がありましたが、手放すとなると涙が出てきて止まらず、FIV陽性であることもあって、お断りしてしまいました。

 「家に居て幸せだよね。」と問いかけながら。

410 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

つぶとクーと桜(チェリー)

 つぶは希釈の入ったキジトラメスで、うちにいる(いた)三美人猫の一匹です。クーはつぶと一緒に飼われていた黒猫。1999年末、つぶとクーとクーの生んだ仔猫3匹とともにうちへ来ました。この子たちの飼い主さんが事情で飼えなくなったとのことで、その頃所属していた動物愛護団体からの依頼で私が預かることになったのです。

 その頃は六畳の客間が空いていましたので、ここをつぶしてこの子たちの部屋にしました。

 クーは一生懸命仔猫の世話をしていましたが、下痢をしていて、部屋中下痢ウンチだらけで、特にふすまの敷居に下痢しているとふすまの開け閉めにより、レール部分が下痢まみれ。朝の忙しい時に重いふすまを外しては掃除したことを思い出します。病院に通って治療していたのですが。

 つぶはおとなしい良い子で、クーの子育てを手伝って仔猫を舐めてやったりすることもありました。

 仔猫たちは新しい飼い主さんのところにもらわれて行きました。クーは仔猫がいなくなっても、特に探したりはしませんでしたね。2匹は良い飼い主さんの所で幸せになりました。しかし1匹は2回返されて、2回目のときには自分で飼うつもりになっていたのに、心ない動物愛護団体の人に連れ去られ、行方知れずとなってしまったのです。連れ去られた仔猫のことが心配で夜も寝られずにいましたが、その団体の別の人に頼んで、どうにか私の手にもどってきたときには数ヶ月経過していました。もうどこにもやらない、お母さんのクーやつぶと一緒に平和に暮らそう、つらい目にあわせてごめんね、と。キジトラメスの可愛い子で、名前は桜と書いてチェリーとしました。クーもわが子がわかるようで喜んでいました。

 3匹に予防注射をし、免疫をつけてから大部屋に合流させました。つぶはおとなしく、他の猫を気にすることなくゴーイングマイウェイ。クーは活発でちょっかいを出す子でした。桜は人見知りでおとなしく、部屋の片隅にいる子です。

 元気だったクーも2007年に腎臓病で亡くなりました。1回の出産でしたけど、仔猫を一生懸命育てて、2匹とはお別れしたけど、1匹の子供と一緒に過ごせて、幸せだったよね。クーちゃん。子供達を天国から見守ってやってね。

 つぶは最近仰向けねんねが得意で笑わせてくれます。、桜はお気に入りダンボールの中で毎日をのんびり過ごしています。

 こうして振り返ると本当に色々な事件に遭遇しています。桜誘拐事件の他にも、警察沙汰もあれば、金銭トラブル、犬の吠え声トラブル・・・・猫を通じて人間模様の勉強をしているようです。今後も色々なことあるんでしょうね。覚悟を決めて人間社会を渡っていきたいと思います。いやなこともあるけど、楽しいことの方が多いからやめません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »