« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年11月

2009年11月14日 (土)

愛しのみーちゃん

 みーちゃんは長毛の2才の女の子でした。飼い主さんがご病気で入院され、息子さんが世話をしていましたが、手が回らないということで、私達のグループに新しい飼い主さん探しを依頼されました。当時まだあったシェルターにおいていましたが、そのシェルターは寂しい所にありまして、人間でも部屋に一人居ると寂しく感じる環境でした。初めは他の子と一緒にもできないので、一頭だけ何もない部屋におかれて寂しかったのでしょう。一週間ほどごはんも食べず、隅に隠れていました。これでは病気になると、当時のメンバーの一人が自宅へ連れ帰り、やっと元気を取り戻しました。しかし、人間大好き、猫嫌いという性格で、他の子との折り合いが悪く、別の人が預かりましたが、そこはペット不可住宅。ばれそうということで、今度は私が預かることになりました。

 みーちゃんを私のプライベートルームにおき、私とみーちゃんの生活が始まりました。昼間私は仕事でいないので、私のベッドでぐっすり眠り、夜帰るとスリスリして甘えるというサイクルとなりました。みーちゃんはおとなしくて柔らかくてなつこくて、私の部屋はあの子にとっても居心地がよいらしく、二人にとってこの1ヶ月はパラダイスだったのです。

 1ヶ月後募集に応じて新しい飼い主さんが現れました。とても理想的なご家族で、一度見ていただこうと、お宅へ連れて行ったら、「可愛い」と気に入っていただき、譲渡となりました。お別れがつらく悲しかったけど、これであの子も幸せになれるんだと安心したのも1年前になります。そのご家族にはとても気に入られて、家族の一員といってもらっています。

 みーちゃんは元の飼い主さんの元は去らねばならなくて寂しい思いもしたけど、家へ来て楽しく過ごして、新しい飼い主さん宅で家族の一員にしてもらって、幸せな子です。飼い主さん探しの成功例のひとつとなりました。みーちゃん(今では別の可愛い名前をつけてもらっています。)永遠に幸せにね♪

Photo_2

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »