« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月17日 (木)

東北地方地震

 日に日に状況が悪くなっています。どうにもしてあげられない無力感をどうしたらいいのでしょう。せめてもの募金、ガソリン不使用。

 緊急災害時動物救援本部について紹介し、義援金の協力を求めている方のブログです。↓

http://plaza.rakuten.co.jp/wanwansurf/diary/201103160000/

 ご協力お願いします。

 東北地方の現状を訴えています。↓

http://plaza.rakuten.co.jp/wanwansurf/diary/201103150000/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

猫のグループホームあったらいいな

 うちには約50匹の猫がいて、もし私がいなくなったらこの子達は行き場がないのです。家族に頼んでも「いやだ」と冷たく断られる。そんな子達と飼い主がグループになって相互に世話しあえるグループホームのようなものがあったらいいと思います。税金が優遇されるのでNPO法人が望ましいと思います。誰か作ってくれないかな。少ない財産だけれどその法人に寄付しますから。今いる子の世話もですけど、殺処分ゼロへ向けた活動へと繋げたら・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本地震

 昨日14:46の地震は自然の脅威です。亡くなられた方々には心よりお悔やみ申し上げます。被災された方々にはお見舞い申し上げます。

  この災害で日本は色んな面で大きく変わらざるを得ないでしょう。多くの死者が出ていますが、それに匹敵する数の犬猫が被害に遭っていると推定されます。人命第一なので犬猫については何の報道もありません。何かできることがあればやってあげたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

ピンクの魂よ永遠に

 ピンクにジュエリや同室の子達とお別れをさせて、昨夜はピンクと一緒に寝ました。少しもやせていなかったので、本当ただ眠っているだけとしか思えませんでした。

 今日ピンクをKさんのお宅のお庭に埋葬しました。Kさん宅にはピンクの孫に当たる猫ちゃんが眠っているとのこと。ピンクも孫の隣が安心だろうということになったのです。

 小雨の降る中、Kさんがお庭の片隅に穴を掘っていて、ピンクをそっと横たえ、可愛い花を散らし、天国に行くまでおなかが空かないようにとキャットフードを入れ、ピンクと永遠のさよならをしました。

 Kさんのお庭はとても広大で、この時期でも沢山の花が咲いていてすばらしい場所です。ピンクはこの花々の下で永遠の眠りについたのでした。

 ピンクちゃん、ジュエリのことが心残りだよね。治してあげられなくてごめんね。ジュエリや仲間達を天国から見守ってねheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか愛

 昨年末家出をして散々に手こずらせたジュピ君はなぜが私に懐いています。リビングに入れているのですが、ずーと鳴き続け。「どちたの?」とジュピの所に行くとタッタッタと駆けてきて私の胸に抱きついてベタベタとすりついてくるのです。お散歩好きの、ゴミ漁りが趣味の子とも思えない懐きようです。( ̄◆ ̄;)その昔飼われていた頃を思い出したのでしょうか?

 たくさんの子の世話をする私にはジュピの愛になかなか応えておげられません。ごめんねー

私「ジュピ君、抱っこしゅき(好き)?」ジュピ「しゅきー」

Dvc00219_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

小さな命

 また一つ小さな命が天国に昇っていきました。

 かぜの症状があったピンクの様子がおかしいので、昨日は仕事を早退して病院へ連れて行きました。しかし「体力勝負」と言われ、もう危ないと覚悟するしかありませんでした。昨夜は一緒に寝て、夜中に目を醒ましては、ピンクの様子を見ていました。エイズがあったので、カゼウイルスへの抵抗力がなかったのでしょう。

 今朝はピンクとジュエリの親子を外でずっと世話をされていたKさんに来てもらって最期を看取りました。ピンクはKさんに会えて喜んでいるようでした。Kさんは「猫の最期は人間と違っていつも穏やか。」と言われていました。その通り眠るような最期でした。「この家に来てあの子は幸せだった」とも言ってくださいました。

 あまりにも急で追いつけません。ついこの間まで、ごはん時には一人で離れたところにポツンといるのでお皿を持って行ってあげると一生懸命食べていたのに。娘のジュエリと寄り添ってのんびり過ごしていたのも1〜2週間前でした。

 外にいるときは娘のジュエリを守ってがんばって生きてきたピンク。天国からジュエリや新しいお友達たちを見守ってくれるでしょう。

(Kさんに抱かれ、喜んでいるピンク)

Dvc00218

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »