« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

ニューパソコン!

 昨日新しいパソコンが来ました。古いのを使っていたので、新しいパソコンには色々機能があることを知ってカルチャーショックです。

 それだけではなく、初期のトラブルが数々あって頭パニック。あちこちに電話し、取り説を探し回り、古い方のパソコンを繋いで再起動させたり・・・

 設置作業の間この部屋の子たちを一時的にリビングに移して置いたら、「変な奴がいる!」というのでリビング先住猫達が大騒動してましたし。

 何とかインターネットが繋がって、ブログも書けたので安心して眠れます。

 「大丈夫?」と心配そうなクリ。でも・・・

Dvc00002

 君達がパソコンにいたずらしたり、オシッコかけたりするのが一番心配なんだよ。pc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

たあいない会話

 週に一度のお楽しみ”西広島タイムス”の”気まぐれモノトーン劇場”をやっていたら、ジュピが邪魔しに・・・

Dvc00294

 我物顔で”西広島タイムス”の上に乗ってドヤ顔!

ジュピ「邪魔したったー」

私「ジュピ君、降りてください。」

ジュピ「ヤダ!」

私「ジュピは悪い子だねー」

ジュピ「ボクいい子だもん。」

私「どこがいい子じゃーこのこのこのぉ」

Dvc00295

ジュピ「ヴェーお姉ちゃん、ごめんなちゃい。」

(この後ジュピは床へ下ろされたのでした。)

たあいない会話でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫化現象

 今日は雨・・・猫達は狩がお休みの日ですので、なんとなくドンヨリしています・・・

 長く猫と暮らしてきた私も猫化現象を起こしていて、本日はテンション低い〜フリマの日だったんですが、それもなくなったし、ドンヨリ〜(それとも昨日の宴会で飲みすぎたためか・・・)

 猫と一緒に住んでいると猫の毛がいたるところにくっつきますね。特に衣類。そうすると猫の毛が目立つ黒なんかは着れません。目立たない猫色の洋服を選んでしまいます。ベージュとかグレイとかダンダラ模様が入ったものとか。ここにも猫化現象が・・・

Dvc00298

 猫の毛の目立たない猫ファッションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

財布に穴

 もうすぐアナログ放送終了です。まだ何の準備もしていなかったので、あせって地デジ対応のパソコンを買いに行きました。来週来ます。うまくつながりますように。

 暑くなってきて、2Fの部屋は暑くてたまりません。窓には網戸しかないから、猫ちゃん達が網戸を破って外に出てしまう恐れがあるため、窓を開けられないのです。それでエアコンつけるよりも、窓を開けられるように、と窓に面格子をつけることにしました。

 それにしても金かかるー。パソコンに面格子取り付け工事、最近固定資産税、自動車税も支払ったし・・・ウン十万が一気に出ていくー

 うちのわがまま坊ちゃん嬢ちゃんのうち誰か金稼いできてくれないかなheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

はーい

 リビングの猫たちにご機嫌伺い。

私「はーい。リル君!」

リル「どちたの?どちたの?」(興味深々瞳がキラキラ)

Dvc00281

私「はーい。キキ君!」

キキ「ボク知らない」(目を合わさないキキ)

Dvc00280_2

私「はーい。マックチューheart01

マックス「・・・」(ごはん食べるのに忙しい・・・)

Dvc00283

 三人三様の反応でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

長年の酷使により・・・

 気力はあっても体力、筋力は全くない私。猫関連作業って重労働なんですよね。長年の重労働がたたったのでしょうか。腰を痛めてしまいました。これまでも腰痛ないことはなかったけれど、こんなにひどいのは初めてでした。

 朝起きたら立ち上がれなくて、這いながら猫のごはんとトイレの世話をしました。定時の出勤はとても無理なので、「良くなったら出勤します」と連絡。

 考えてみれば、ドライタイプのエサの袋は3〜10kg、レジ袋に入れた缶詰は7〜10kg、抱っこする猫そのものが3〜8kg、キャリーに入れればプラス3kg、新聞の束、トイレに使った新聞をパンパンに入れたゴミ袋、フリマ品、重量物を運搬することが多いのです。

 今回の腰痛が良くなったら、今後はもっと体に負担の少ない方法を考えていかないと加齢とともにつぶれてしまうと反省しました。

クリ「お姉さん、働くのもいいけど、ゆっくり休まないと。」

私「クリは休み過ぎだよ。」

Dvc00276

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

仲良くして

 人間社会でもそうだけど、猫社会でもあるのかな?合う、合わない・・・

 Tは人間にもよく懐いているおとなしい子なのですが、前はGに、今はクリに虐められています。いつもベッドの下に逃げ込んでいます。時には気丈ににらみ合いも。

(左:T 右:クリ)

Dvc00275

 「Tを虐めるなら、クリじゃなくてクロと改名するよ!」などとクリを怒ってやっても効果なし。

 猫は一日の大半を眠っているから、ベッドの下でも安心して過ごせる場所があればいいかなー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1日でも長く・・・

 Gの調子よくないです。

 おいしいごはんを食べさせて、できるだけ長くがんばってほしいです。

Dvc00278

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切れる!

 ジュピは人懐こい。膝に上がるのをせがんで膝の上で私にすりついてグルグル言う。本当に可愛い子です。でも・・・

 デスクで事務処理をしようとするとデスクに上がって来て消しゴムを落としてみたり、引き出しを開けると、中身を突付いてみたり、食事をしていると、横取りしたり、とにかく邪魔なのです。何もできないのです。

 それで忍耐強い私もついに切れてしまいました。

 昔は切れて爆発してよく敵を作りましたが、今は学習して人間社会では温厚で通っています。でも家では・・・切れても何してもいいですからね。ジュピを思い切り怒鳴っちゃいました。ジュピは少しも応えてはいず、右から左でしたが。

(デスク上で平然としてわがもの顔のジュピ)

Dvc00279

 今後もジュピがデスクに上がる度、「どいてくだちゃいね」と言いつつ、下へ下ろすのでしょう。( ̄◆ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

暑さ対策

 今日は暑かったですねーこれから夏!

 私は冬より夏の方が好きだけど、猫飼いには冬の方が楽だよね。夏には窓を開けると蚊が入るし、いろんな虫がわくし、食べ物は傷み易いし。

 1Fは窓にシャッターをつけてあるので窓を開けられるから多少は涼しいけれど、2Fは猫仕様になってなくて窓を開けられないので、暑いんだよね。去年の夏はGとTのみで、網戸でもOKだったけど、今年はジュピがいる。ジュピはガラス戸を開けて2Fから飛び降りる子だから絶対に窓を開けられないのです。どうしようかな???

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

眠り猫

 昼間猫達はほとんど眠っています。甘えるのも可愛いけど、眠っている姿も可愛い。

(クリちゃん・・・ほっぺたのお肉がたるんでいます。)

Dvc00269

(マックス・・・テーブルの上で堂々おねんね)

Dvc00271

(リル君・・・胴長がばれた!)

Dvc00272

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

セロリ、ナスビそしてキュウリの兄妹もお誕生日おめでとニャーオン

 勤め先の食堂から保護した一家6匹の中の3匹の仔猫達セロリ、ナスビそしてキュウリも無事お誕生日を迎えました。今うちにいる最も若い猫ちゃん達です。

(セロリ)

Dvc00258

(ナスビ)

Dvc00266

(キュウリ《左》-お母さんのトマトと一緒)

Dvc00267

 みんな私のことを睨んでいますdespairこの子達のため、あと19年は元気で生きないといけません。

 でもいつ何があるかわからない。私には動物嫌いのきょうだい以外家族がいないので、少ない資産ですがすべて猫に残すつもりです。資産があってもそれを託す人がいなくては回っていきません。人間社会の中で人間相手に人間社会の仕組みを利用して、動物と共存でき、それが永続するような形態を作る、あるいは探すことが今後必要と考えています。動物愛護は動物相手というより、人間相手の活動であるということを肝に銘じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫違い

 腎臓の悪いGと風邪引きのジュピを動物病院へ連れて行ったときのこと。

 待合室で眠くて寝ていたら、名前を呼ばれて診察室へ。まだ頭が寝ていたのでしょうか。腎臓の悪いGだといってジュピを診察台へ載せてしまったのです。先生は「おかしいなー」という感じでジュピを診ていました。次の子を診察台へ載せようとして初めて間違いに気づき、「ごめんなさいー」と平謝りでした。いくら似ているからといって間違えるかねーバカバカバカ・・・

 健康な腎臓は引き締まっていて硬く、悪い腎臓は柔らかくフニャフニャしているのだそう。ジュピのは引き締まっていたそうです。

(ジュピ・・・「間違えんなよなーannoy」)

Dvc00228

(G・・・「お姉さんおハカなんだからー」)

02010100pict0080

 ちなみにジュピは残飯を食べて生きてきたので、今は良くてもいづれ腎臓が心配ということを先生に言うと、猫は塩分OKなのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

大ちゃんとの会話

大ちゃんが私を見つめるので会話してみました。

Dvc00260

私「大ちゃんは可愛いねー」

大「・・・・・」

私「大ちゃんお利口さんだよねー」

大「・・・・・」

私「言ってることわからない?」

大「・・・・・」

私「わからなくていいんでちゅよ。そこにいてくれるだけでいいの。」

大「・・・・・」

Dvc00261

会話にならない会話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二人がダウン

 Gに続いてジュピもダウン・・・ジュピは風邪が再燃-涙と鼻水がダラダラです。薬も効かないし、自分の免疫力で対処してもらうしかなさそうです。

Dvc00259

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

がんばれ、G君

 Gの調子は今一つ、元気ないです。

 クリやジュピとは仲良く過ごしています。前はTを虐めていましたが、今は虐めることはなくなりました。元気がなくなったからかな?よかったような寂しいような・・・

Dvc00238

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

Aさん宅の猫ちゃん達

 Aさんは内猫数匹、外猫多数の世話をしている方です。

 話を聞くと内猫の1匹のBちゃんはとってもお利口さん。あるときに預かりを頼まれて、そのまま飼い主さんによる引き取りがなく、ずっと家に居ついているちょっと可哀想な猫ちゃんです。その後入った二匹の兄妹の仔猫をBちゃんがかいがいしく世話をして大きくしてやったのだそう。私なんて知らない人なのに、私にも愛嬌を振りまいて、すりついてきます。ご主人さんのお客さんだからおもてなししなくっちゃ、と気を使ってもらいました。

(Bちゃん・・・賢そうな顔してます。)

Dvc00250

(後から入った兄妹の兄猫・・・大きくなりました。お兄ちゃんのおかげだねheart01

Dvc00249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無言で訴える大ちゃん

 去年暮れに保護した野良の大ちゃんは一切馴れてくれません。大ちゃんのいる部屋でごはんを準備していたときのこと。

 大ちゃんが近くでじっとして無言で訴えていました。「早く、ごはんくれ〜」

 Dvc00244

 私「ちょっと待ってね。」

 大ちゃん「・・・・annoy

 私「すぐだよ〜」

 大ちゃん「・・・・annoyannoy

Dvc00245

 微動だにしない大ちゃんでした。

 部屋を出て、すぐに忘れ物を取りに戻ったら、大ちゃん思い切り食べていましたが、そそくさと逃げて行きました。重ね重ねごめんねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

リラックスマックス

 マックスはエイズ陽性だけれど、おとなしくて、噛んだりしないから、エイズ陰性グループのリビングに移動させました。ここのグループには奥さん(マミちゃん)と子供達(トムとミニマックス)もいます。親子がわかるのかわからないのかわかりません。

 土曜日にはFさんご夫婦がマックスに会いに来られました。助けてくださった方々がわかるのかわからないのか、おとなしく抱かれたり、シャーと言って見たり愛嬌振りまいていました。

私「マックス君、Fさん達を覚えてる?」

マックス「ボクの命の恩人ニャンheart04」(わかっているようです・・・)

 部屋を移った当初びびっていましたが、今ではとってもリラックスしています。

(口開けて眠っているマックス・・・)

Dvc00253

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

レッツ断捨離

 「断捨離」本を読んで、物を捨てようと決心しました。

 物に執着があり、将来一文無しになったときのことを考えて、物を捨てられなかった私。部屋は使わない物、古い物でいっぱいで溢れています。自分だってこの世で役目が終ったら消えてなくなるのだから、使わないもの達、使い終わったもの達には感謝しながら処分してあげないといけないと。

 「部屋の詰まりがなくなると心の詰まりが取れて見えない何かがスイスイ動き出す」そう。

 猫のためにも断捨離!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »