« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

いつ見ても

 ジュピの腹出しポーズ。何の警戒心もなく、「夏はこれに限るよー」って感じで寝転ぶ姿を見ると、ホント癒されます。heart04

Dvc00438

 ジュピは階段昇降トレーニングを時々やっていますけど、きっちり部屋に戻ってくる律儀な子です。元野良で、脱走歴のある子とはとても思えない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

キキの理解力

 キキは6歳の男の子。人馴れしてないんです。でも最近ドターと寝そべっているところに近づいていっても逃げなくなったのです。耳は寝ていて警戒心は大ありなんですが。私が優しく撫でてやって、顔をスリスリするのを一生懸命我慢してくれます。おねえさんが怖くないということを少しは理解してくれたのかな?
 撫でてやりながら、「ごはんあげてるの誰かね?」などと聞くけど、キキの理解力の容量をオーバーしているみたい。ひたすら触られるのを我慢しています。可愛い奴じゃsign01

私「キキ君遊ぼheart01」 キキ「えっ、そ、そのう~sweat01(オドオド)」
Dvc00425

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

楽しい玩具

 Aさんの猫チロちゃんが狂喜乱舞して遊んだという犬用玩具。

Dvc00422

 うちの子にも買ってやろうかなと思いつつ、定価が598円、それが半額になって299円だったのですけど、それでもちょっと高い~と思って、考え込んでいたら、Aさんが2個買ってあるから1個あげると言われて、もらっちゃいました。ありがとうございます。
 うちの子はというと狂喜乱舞とまではいきませんでしたが、向日葵や撫子が引きまわして遊んでいました。でも今はもう飽きてる・・・チロちゃんはよほどツボにはまったんでしょうね。

撫子+玩具
Dvc00434

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャットタワーを修理

 今日は寝室に金網枠を取り付けてもらいました。これで寝室に常駐しているジュピもさわやかに過ごせます。
 それに加えて、1FのCルームで安定性が悪く長い間横になって眠っていたキャットタワーを起こして倒れないように補修してもらいました。場所は空くし、遊び道具はできるし、早くお願いすればよかったなー。前回業者さんが来られたときに、寝ているキャットタワーを見て「起こせるけど、やっちゃろか」と言われて、お願いしたのでした。ありがたいです。

ルンちゃんがさっそく乗って遊んでいましたnote
Dvc00420

何とかの高上り。下りれるかな?
Dvc00421

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

W杯サッカー残念!

 

 今日は朝5時前から起きて、サッカーのコロンビア戦を観たけど、残念でした。全く歯が立たなかったね。勝ち抜いたチームを讃えて、すっきりして、また再出発しようって感じ。

いつもルンルンのジュピ
Dvc00394

 「もうだめだ~」と思うようなとき、「ジュピー」と呼ぶと「ニャーン」とお返事してくれるんです。「大丈夫だよ」と言ってくれているような気がする癒し系です。ありがとにゃんnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

伸びるだけ伸びてる~

 比較的涼しい今日この頃、ソファーの上で、ベローンと伸びるだけ伸びた猫が一匹、そしてその子の顔の上で寝る猫がもう一匹・・・

リル君、少しは警戒というものをしなさい。ボンちゃん人の顔の上で寝るのはやめなさい。リルが窒息してしまうよ。
Dvc00397

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

母猫の愛

 ほっこりする話heart04
 Aさんがたくさんの猫の世話をしているのが世間に知れ渡っているのか、よくAさん宅前に猫が捨てられます。
 今回も親子猫2匹が捨てられていて、Aさんは困っていたそうです。そうしたら、ジョギングで通りかかった近所の人が子猫を見て、引き取ると言ってくださって、子猫を連れて自宅に戻られたそうです。子猫と引き離された母猫はというと、ずっとその後を付いて歩いて、その方の家の前でじっとすわっているのです。子を思う母親の気持ちが涙を誘いますsweat02
 で、結局、そのご家族は母猫も一緒に飼うことにしたそうなのです。よかった~~親子一緒に飼われるなんて嬉しいnoteこれを聞いて一日幸せ気分でした。
 

ジュピのお母さんはどこにいるのかな?離れていてもきっとジュピのことを思っているよ。
Dvc00392

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

落ち着きも愛想も

撫子ちゃんこっち向いてね~
Dvc00374

カメラ目線ちょうだい!
Dvc00377

だめなら仕方ない。強制的に・・・
Dvc00375

 
向日葵ちゃんならこっち向いてくれるよね~
Dvc00379

おーい!
Dvc00381

チェッ、こいつもだめか。それなら無理矢理・・・
Dvc00382

 落ち着きも愛想もない奴らだからねーsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

Yさんの猫ちゃん達(2)

 ラッキーな子猫ちゃん達をご紹介。

左から男の子、女の子、女の子
140618_185152

トイレでお遊び?
140618_183923

 この可愛い子猫達はYさんのお嬢さんの勤め先の近くでノラちゃんが生んだもの。Yさんのお嬢さんが1か月足らずで3匹の子猫を保護され、二人で母猫の代わりに3時間毎のミルクやり、排泄促し等の世話をされたそうです。子猫達は無事大きくなり、2か月2週目で3匹一緒に先住猫を亡くしたお宅に迎えられたとのこと。
 そして母猫の方は有志で手術をしてやり、その地域の方々が地域猫として世話をされているそうです。
 Yさんとお嬢さんは乳飲み子の世話、飼い主探し、地域の方々への啓蒙等とてもご苦労だったでしょう。動物愛護の鑑ですね。私も参考にしたいと思います。
 子猫ちゃん達、幸せになろうねheart01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Yさんの猫ちゃん達

 続報で~す。

2Fから伸びるキャットウォークを上から撮影した写真:猫ちゃん達が景色を満喫中note
111103_09181411

 自分がキャットウォークの上にいるとしたらクラクラすると思うけど、猫ちゃん達は平気みたいhappy01

Yさん宅の幸せな仲良し猫ちゃん達:右からMちゃん、S君、Uちゃんheart01
2011060109110021


お隣のお宅の飼い猫Kちゃん:毎日遊びに来られるそうです。何とも愛くるしいlovely
2011060406240001

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

猫脱走防止柵

 動物愛護活動をされているYさんはお庭に猫脱走防止柵を取り付けていらっしゃいます。話は聞いていましたが、本日実物を見せていただきました。
 庭の設備に応じて、色々工夫していらっしゃいますが、基本は内側に曲がった波板。上部がオープンでも、猫は滑って上を乗り越えられないのだそうです。これが猫が外に出そうな箇所すべてに取り付けられています。上部全体を覆うと途方もない費用がかかりそうですけど、これなら可能な範囲になりますね。お聞きすると庭全体で約10万円とのことでした。
 これで猫ちゃんは外へ出たりして迷子になることなく、庭で思いっきり遊ぶことができるのです。うらやましー。いーよねーheart01

内側に曲がった波板に爪が引っかからず猫は滑って登れない。
Dvc00366

2Fベランダからのキャットウォークを庭に埋めた木に取り付けてあります。猫は2Fからここを伝って外へ出られます。エキサイティングsign01
Dvc00362

 
 私も工夫して、庭を有効活用できるようにしようかな。

盲目の猫Uちゃん:人見知りなので、その後姿を消してしまいました。「おーい」
Dvc00364


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

ミンミンちゃんの様子

 家出していたミンミンちゃんは戻ってきて水を10分くらい飲み続けたんだそうです。よほど喉が渇いていたのでしょう。それからごはんを食べて、何事もなかったかのようにいつもの場所でスースー眠ったそうです。めでたしめでたしheart04

ミンミンちゃん、お外で大遊びしたね。楽しかった?
Dvc003542_2

 ボクちゃんはピッピちゃんを亡くして、やっと立ち直ったところだったから、ミンミンがいなくなってションボリしていたのです。帰ってきてくれて大喜びnote

ボクちゃんはおまけに好物のフードをもらってウハウハ・・・
Dvc00350_3

 キジ君は泰然自若、ミンミンとボクちゃんを優しく見守ってやっているようでした。

みんなから「この子がほしい。」と大もてのキジ君。私もほしい~
Dvc00352_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

ミンミンちゃん戻る!

 数日前、Aさん宅のミンミンちゃんが外へ出てしまったのです。
 Aさんは心配して、体調が悪いのに、家の周りや近くの山を捜索していました。私も昨日聞いて捜索のお手伝いをしました。そのときは影も形もなかったのですが、その後、近くのお宅の庭にいるのをAさんが発見。しかし、ミンミンちゃんは呼んでも戻らないので、本日捕獲器をお貸しし、ミンミンちゃんを見かけたお宅に設置させてもらいました。
 早くかかりますように・・・と祈っていたら、先程連絡があり、見事かかったそうです。よかった~

ミンミンちゃん
Dvc003002

 猫が脱走すると、本当大変です。おなか空かしているだろうなーとまず心配。どこかにいないかと探し歩いても見つからない徒労感。なんで出してしまったのかと自分の不注意を責めて責めて責めまくり・・・気力体力を消耗してしまいます。
 連れ戻せて本当によかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

可憐な花

 今うちの庭に小さな花がたくさん咲いています。アジサイの一種と思われるけど、不明。咲いてくれと頼んだわけでもなく、水をあげた覚えもないのに、一生懸命綺麗に咲いている、その気概が偉いなー

可憐な花々
Dvc00339

アップ
Dvc00340

関係ないけど、ジュッピー、お願いだから机から降りて~
(ジュピ:知らん顔・・・)
Dvc00341



| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイブーム(2)

 もちもちパンケーキもマイブーム。これは一度食べておいしかったので、探すのですがなくて、当初購入したちょっと遠いスーパーにしか置いてないことがわかりました。ないとますます欲しくなる~

Dvc00337

珍しくモエがピマを優しくナメナメ。良いお姉ちゃんだねー
Dvc00319

 モエは気のいい活発なお嬢ちゃん。ジュピや瑠ちゃんとキャラがかぶるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

金網枠完成(2)

 リビングの掃出し口にも金網枠が完成しました。こちらの方は大きくて、強度も必要でしたので、費用は15,000円。でも安いと思います。業者さんありがとうございます。
 今やリビングには爽やかな風が通り抜けて涼しい~

金網枠を開けたところ
Dvc00334

 笑っちゃったのが、リビングのボク達。業者さんが来られてびびりまくり・・・肝っ玉小っちゃいんだから~

note親亀の背中に子亀を乗せて~note
Dvc00322

 ボク達のために工事してもらったんだよ。涼しい夏が過ごせるよheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

マイブーム

 最近うさぎのほっぺがマイブームです。スーパーに行ったら必ず探すけど、滅多にありません。置いていてもすぐに売り切れるのだと思います。3種類あり、粒あんホイップ、カスタードホイップ、いちごホイップ:どれもおいしいよ~

今日は粒あんホイップを1個ゲット~(¥115)
Dvc00315

ソファーで寛ぐ我が家のお坊ちゃまお嬢ちゃま・・・
Dvc00314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

リラックス

 ボンがソファーに寝転んで、舌出しながらの大あくび。いい気なもんだ。でもリラックスしてくれててうれしい~

Dvc00242

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

金網枠完成

 

 さっそく窓に金網枠を作っていただきました。400×1100サイズの金網の枠が蝶番で開閉し、窓枠に留まります。費用は¥8,000。対角線の位置にもう一枚作ってもらう予定。それができれば風が通ります。猫達が登っても破って外へでることはないと思います。

新しい金網枠に興味深々の撫子
Dvc00302

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

やっと決心

 2階のリビングは人間仕様のため、窓の開放ができません。それで、夏は猫達のため24時間エアコンをかけていますが、電気代もかかるし、資源の無駄使いをしている気もします。この辺りは風が強いので、窓が開けられたらなーと思っていました。一度面格子取り付けの見積もりを取ったことがありましたが、高額のため、諦めていました。
 最近、自分で材料を購入して、窓に金網を取り付けたという人の話を聞いたので、面格子でなくても、安くできるかもと思って、本日業者さんに来ていただいて、相談してみました。こんな工事はしたことがないと言いながら、とりあえず、一か所について試作してもらえることに。室内で動物を飼っている人はどうやっているのでしょうね?
 猫達は知らない人が来たので例によって物陰に隠れて固まっていました(笑)。

M君はいつも通りキッチンの片隅で固まっています。
Dvc00290



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »