ペット

2011年2月12日 (土)

背中の白いスポット

 脱走したジュピを見つけるのに役立ったのは背中の白いスポット。とても特徴的で、ジュピだと判別できました。うちの子の中で他にも背中スポットいないかなと見渡したら、いました。茶トラ白の萌ちゃんとやはり茶トラ白の新入り慈(いっ)ちゃん。万一この子達が脱走しても、すぐわかるゾ。フッフッフッ・・・

 ジュピ(よく帰って来たね)

Dvc00191_2

萌(スポット細長ーい。右上は携帯(カメラ)に興味深々の霧(ムウ))

Dvc00192_2

慈(大きなスポットです。)

Dvc00194_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

炎天下フリマ・・・・

 暑かったー  猫保護するには金が要るー  その金稼ぐためのフリマです。猫保護に使って欲しいと商品を出してくださる方々がいて、家の中フリマ品でいっぱい。それを減らずのが目的のひとつにもなっています。こんな暑い中、フリマに来る人もあまりいません。衣類、座布団、おもちゃ、バッグが少し売れました。わずかでもありがたい金額です。

 仔猫のミナちゃんの譲渡が決まりました。よかったけど、まだなれてなくて、逃げて洗濯機の中に入ってしまいました。も〜どうしよう〜

 前にも車の中の狭い隙間に入ってなかなか出なかったことがありました。今回もそれ?

 どうしよう・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

つぶとクーと桜(チェリー)

 つぶは希釈の入ったキジトラメスで、うちにいる(いた)三美人猫の一匹です。クーはつぶと一緒に飼われていた黒猫。1999年末、つぶとクーとクーの生んだ仔猫3匹とともにうちへ来ました。この子たちの飼い主さんが事情で飼えなくなったとのことで、その頃所属していた動物愛護団体からの依頼で私が預かることになったのです。

 その頃は六畳の客間が空いていましたので、ここをつぶしてこの子たちの部屋にしました。

 クーは一生懸命仔猫の世話をしていましたが、下痢をしていて、部屋中下痢ウンチだらけで、特にふすまの敷居に下痢しているとふすまの開け閉めにより、レール部分が下痢まみれ。朝の忙しい時に重いふすまを外しては掃除したことを思い出します。病院に通って治療していたのですが。

 つぶはおとなしい良い子で、クーの子育てを手伝って仔猫を舐めてやったりすることもありました。

 仔猫たちは新しい飼い主さんのところにもらわれて行きました。クーは仔猫がいなくなっても、特に探したりはしませんでしたね。2匹は良い飼い主さんの所で幸せになりました。しかし1匹は2回返されて、2回目のときには自分で飼うつもりになっていたのに、心ない動物愛護団体の人に連れ去られ、行方知れずとなってしまったのです。連れ去られた仔猫のことが心配で夜も寝られずにいましたが、その団体の別の人に頼んで、どうにか私の手にもどってきたときには数ヶ月経過していました。もうどこにもやらない、お母さんのクーやつぶと一緒に平和に暮らそう、つらい目にあわせてごめんね、と。キジトラメスの可愛い子で、名前は桜と書いてチェリーとしました。クーもわが子がわかるようで喜んでいました。

 3匹に予防注射をし、免疫をつけてから大部屋に合流させました。つぶはおとなしく、他の猫を気にすることなくゴーイングマイウェイ。クーは活発でちょっかいを出す子でした。桜は人見知りでおとなしく、部屋の片隅にいる子です。

 元気だったクーも2007年に腎臓病で亡くなりました。1回の出産でしたけど、仔猫を一生懸命育てて、2匹とはお別れしたけど、1匹の子供と一緒に過ごせて、幸せだったよね。クーちゃん。子供達を天国から見守ってやってね。

 つぶは最近仰向けねんねが得意で笑わせてくれます。、桜はお気に入りダンボールの中で毎日をのんびり過ごしています。

 こうして振り返ると本当に色々な事件に遭遇しています。桜誘拐事件の他にも、警察沙汰もあれば、金銭トラブル、犬の吠え声トラブル・・・・猫を通じて人間模様の勉強をしているようです。今後も色々なことあるんでしょうね。覚悟を決めて人間社会を渡っていきたいと思います。いやなこともあるけど、楽しいことの方が多いからやめません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

モエとモカ

 ご無沙汰しています。また再開します。

 モエとモカの姉妹猫を保護したのは2002年の12月。

 勤務先のロッカーの建物の前に数日前から住みついていて、そこは従業員の行き交う危険な場所。警備員が捕まえて、保健所行きが予想される状況という話を、私の同僚が教えてくれて、早速保護しに行きました。

 4ヶ月くらいの中猫で、茶トラ白と三毛の可愛い猫でした。人を恐れず、二頭が仲良くひなたぼっこしたり、自動販売機の後ろに入り込んで暖をとっていました。

 二頭は容易くかごの中に入り、用意したキャットフードを一生懸命食べていました。おなかすいてたんだねー。時間をもらって家に連れ帰り、無事隔離室に保護。

 茶トラ白をモエ、三毛をモカと名づけて、2ヶ月の隔離の後大部屋の一員となりました(二ヶ月の隔離は予防注射による免疫をつけて、FIV/FeLV検査をするため)。

 これまでの経験では、茶トラというのは活発でいたずらっ子です。ドアを開けるとダッシュで出てしまうのはみんな茶トラ君達。メスの全身茶トラは今まであったことないので、多分遺伝的にいないんですよね。メスなら茶トラ白がとっても活発でいたずらっ子。モエは強い子です。元気にがんばってちょっかいを出しています。

 モカはおとなしい子でモエの陰に隠れてのんびりと暮らしています。

 みんなに言えることですが、何もしてあげられないけど、大部屋仲間と仲良くのんびり楽しく暮らしてほしいと願っています。ごはんとトイレはお姉さんに任せてね。

345

(手前:モエ、後左:モカ、 後右:メタボのミュウ) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

シェルターは崩壊し、猫達は我家へ

シェルターはわずか6ヶ月で崩壊しました。人間関係のむずかしさ、資金繰り・・・・むずかしいということを学習しました。後は不動産の始末が大きな問題として残っています。

残った猫達は自宅へ連れてきて、世話してます。大事にしてやりたいです。

それでも、数人でシェルター開設前から今までで約100匹の犬猫を助けたのは、よくやったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

ミニシェルター準備中

急に持ち上がった話ですが、ミニシェルターを経営することになりました。一緒に猫保護活動をしているメンバーの一人の方の近くに中古住宅が売り出されていて、その方が毎日保護猫の世話をしてくださるということになり、思い切って購入しました。これまでは3軒のメンバーの家で預かっていて、頭数も限られていたのですが、独立した一軒の家を猫専用にできることで、より多くの猫が救えます。がんばらないと!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

先日の日曜日シラミ三姉妹を譲渡会に連れて行きました。暑っつい中、テントはあったものの、ちっちゃなチビ達をケージに入れ、たくさんの人が訪れて、抱っこしてもらい・・・・1時間くらいで、ぐったりでした。その後終るまで数時間、車のエアコンで冷やしてやりましたが、昨日、今日といまだに食欲がなく、下痢の子もいて、熱中症の一種だと思います。譲渡は決まらず、暑い中、ガソリン代その他諸々の経費を使い、挙句の果てチビたちは熱中症です・・・・可哀想なことをしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

シラミ三姉妹

水木、楓、柊ちゃんは1ヶ月にもならないとき保護された仔猫の姉妹です。シラミがついていて、下痢でみじめな子達でした。保護した人は病院で下痢止めをもらい、せっせと飲ませて、下痢は止まりました。シラミはフロントラインを3回して、シャンプーもして、でも成虫はとれても、卵がとれませんでした。私が預かることになって、うちへつれてきましたが、シラミがとれない限りはケージからも出せないので、狭いところですごさせるしかありません。そこで考えたのがバリカンで毛を剃ってしまうこと。バリガン使いの名人さんに剃ってもらいました!もうこれでOK?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

茶トラちゃんは疥癬です。

7/10に保護した茶トラちゃんは3ヶ月齢くらい。疥癬とカゼをわずらっているため、他の子と一緒にはできません。玄関にケージを置いて、ケージ内生活です。早く治してやって思い切り遊ばせてやりたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

こんにちは。はじめまして・・・

猫好き数人で、可哀想な境遇にある猫の保護活動をやっています。

始めて1年ですが、約50匹の猫を保護し、病気を癒してやり、暖かい飼い主様の元へ送り出しました。苦難の連続でしたが、猫ちゃんの幸せが私達のパワーの源になります。

今後、このブログの画面で、幸せになった子達、飼い主様募集の子達を紹介したり、SOSを発したりしたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ペット